The Orangery at Kensington Palace

今日はお友達とThe Orangeryというカフェにランチを食べに行ってきました。
Orangeryというのはオレンジの温室のことだそうで、お友達曰く、ヨーロッパの宮殿の側にはよくオレンジの温室が建てられるそう。
今日行ったThe Orangeryは元々Kensington PalaceのOrangeryとして建てられた建物で、今はカフェになっているのですが、さすがQueenの命により作られた建物だけあってものすごく素敵でした。
今日はBank Holiday(休日)だったため少し並ばないと入れませんでしたが、周りの景色もとってもきれいなので、待っているのも全く辛く感じません。
私はサーモンとパンのプレートを頼みましたがとてもシンプルでおいしかったです。
お友達はイギリス人でありながらも人生初のAfternoon Teaを楽しんでいたのですが、量も多過ぎず、ちゃんと3段のプレートでサーブされるし、ちょっと食べさせてもらったスコーンもタルトもおいしいし、なかなか素敵なAfternoon Teaでした。
このKensington PalaceはHyde Parkの中にあるのですが、特にこの季節はきれいなお花が沢山咲いていて、お茶の後にお散歩するのにも最高です。
旅行とかでロンドンに来る機会があって、もし是非Afternoon Teaにトライしたいというのであれば、このお店に行ってみるのもお勧めです。
帰ってから気がついたのですが現在Kensington Palaceでは、Enchanted Palaceというイベントが催されているそうです。これはインスタレーションにより宮殿に隠された物語を表し、ここにかつて住んでいた7人のプリンセスの人生を改めて想像するというexhibitionなどが開催されているらしい。
このexhibitionの興味深いところはこの宮殿というクラシカルなスペースを、WILDWORKSというtheatre companyがVivienne Westwood、William Tempest、Stephen Jones、Boudicca、Aminaka Wilmont、Echo Morganといった前衛的な人たちと協力して、おとぎ話のような空間に生まれ変わらせるというところ。こういうところはイギリスの良いところな気がします。
日本で皇室関連の場所でコムデギャルソンが何かしたりしなそうだよなぁと思うので。

私は近いうちに絶対に行ってみたいと思っていますが、2012年の6月までやっているみたいなのでそれまでに来る機会があれば、The Orangeryとともに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

その後Holland Parkまで歩いて、あるとは聞いていたけど行ったことのなかったHolland Park内の日本庭園に行きました。

池に鯉までいて、ちゃんと日本庭園でした。鯉を見ながら、日本から連れて来られちゃったのかな?とか外国にいるってわかってるのかなとか思いながら不思議な気分になりました。