No.2 Papirklip 吉浦亮子

今回ご紹介するのは独自のペーパー・カッティング・アートを制作するPapirklip吉浦亮子さん。

針金を使ってさまざまなものをつるしてバランスをとるように構成したモビールとは違い、デザインナイフを使って紙を丁寧に切り出し、糸でつないで作るモビールです。モチーフは、動物、昆虫、雪の結晶、鳥、人物など、豊富なバリエーションで制作しています。

 

パピアクリップ「papirklip」はデンマーク語。

「パピア-papir-」は紙、「クリップ-klip-」は切るという意味。デンマークの伝統的なペーパーカッティングであり、デンマークでは部屋の装飾として季節に合わせて飾るものをかえて楽しまれているそうです。

 

吉浦さんがモビールに出会ったのは、デンマークの体操学校への留学中のこと。

ホームステイ先で頭の上でゆらゆらと静かにゆれていた手作りモビールに、すっかり魅せられてしまい、作り方を教えてもらい帰国。

日本に帰国してから、ロゴデザイナーの三浦滉平先生に師事しデザインを学んだそうです。

吉浦さんの作品はデザインから制作まで全てご本人の手で行われています。

まず、図案を切り取るので、一筆書きのように中に途切れてしまう部分が出ないよう、よく考えてデザインをおこします。

出来上がった図案をプリントし、きれいな色の紙に貼り、切り出していきます。

吉浦さんのデザインはよく見ると全て直線で構成されています。その細かな直線に定規をあて少しずつ切り出していきます。

実際に制作しているところを見せていただくと、本当に細やかで繊細な作業で、まさに職人技です。

普通の人であれば、勢い余って切ってはいけない部分まで切ってしまうところでしょう。

 

吉浦さんは切り紙の本を2冊出されているので、興味のある方はそちらも見てみてください。

図柄の細かさがよくわかると思います。

 

切り抜きが終わると、ひとつひとつ丁寧に糸とビーズをつけ、図柄がよく見える様パッケージに入れて完成です。ここまで本当に長い行程です。

モビールはアレクサンダー・カルダーが芸術作品として制作しましたが、このPapirklipの作品もデンマークの家庭用室内装飾という気軽さを残しながらも、作品の芸術性の高さから、まさに生活に取り入れることのできるアート作品としてお楽しみいただけると思います。

 

2011年5月26日〜31日に家具店/平安工房で開催される展示会では、平安工房の家具と合わせたディスプレイもご覧いただけます。

吉浦さんの展示では、デンマークでよく見られるクルクルとうねった枝を上手に使いディスプレイするので、そちらも必見です。

 

 

吉浦亮子 プロフィール

1977年 岩手県で生まれる

1997年 自由学園女子部最高学部卒業

1997年 デンマークオレロップ国民高等体操学校留学 モビールに出会う

1998年 デンマークより帰国2000年 デンマークモビールを基調としたデザインを三浦滉平氏に師事

2001年 代官山ギャラリーオリーブにて第1回個展

2001年 ファッションブランド エストウエストのクリスマスオーナメントとして全国7店舗で販売

2002年 大塚アトリエかしわにて第2回個展

2002年 横浜ロイヤルパークホテル ケーキショップ「コフレ」にてクリスマスの装飾

2002年 Bo Concept青山、新宿店にてクリスマスの装飾

2002年 大森ギャラリー「アペール」にてリースとパピアクリップのコラボレーション展

2003年 奈良 INOUE幡ギャラリーにて企画展

2004年 デンマークスカルス手工芸学校留学

2004年 婦人之友社「明日の友」の手工芸のページに「デンマークモビール」の作り方紹介

婦人之友社「婦人之友」にて手作りで贈り物のページにオーナメントカードの作り方紹介      

西馬込ギャラリー「イケダ&ロカー」にてリースとパピアクリップのコラボレーション展

2005年 日本橋三越 幡INOUEショップにてパピアクリップの展示販売

北欧音楽祭すわ2005にてパピアクリップ展      

広尾伊東屋パピエリウムにてクリスマスパピアクリップの展示販売

2006年 大森ギャラリーオーツーにてリースとパピアクリップのコラボレーション展

2007年 白金高輪ギャラリーroom21にて第3回個展     

アダム エ ロペ白金台店、渋谷店のクリスマスディスプレイ      

南青山ゲストハウスウェディングCONVIVIONのクリスマスディスプレイ      

雑誌Sumicoにてパピアクリップ紹介される

2008年 5月15日発売の女性セブンの「今どき手作り」特集でモビールの作り方を紹介。

6月11日から7月14日まで銀座松屋7階デザインコレクションのサマーギフトステーションでパピアクリップの展示販売。     

BNN新社出版の作家がつくる「紙のもの」という一冊の本の中でパピアクリップも紹介される。

代官山のヘアーサロン「メグリオ」にてパピアクリップ展示販売。                

8月27日〜9月1日まで銀座松屋8階でのスカンジナビアンスタイル展にて販売。     

川村美術館のミュージアムショップでパピアクリップの販売始まる。                  

名古屋ラシック5Fcabinet ATERIERでパピアクリップの販売始まる。     

9月30日〜12月7日まで上野の国立西洋美術館にて開催中の「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」でパピアクリップ販売。     

11月5日〜12月25日まで銀座松屋クリスマスギフトステーションにて販売。     

12月10日〜25日まで新宿高島屋TOKYO IN PROCESSにて第4回個展